教育・イベント

フィールド体験講座(下刈り)

2017年07月18日

7月4日に宮崎大学の全学部の学生対象のフィールド体験講座が田野フィールドにて行われました。6月に行われた同講座では間伐体験でしたが、今回は下刈り体験です。

 

昨日の造林学実験実習の下刈りは梅雨にもかかわらず良い天気でしたが、この日は実習前まで雨が降っており、実習中もときおりぱらつく天気で、気温もあまり高くなく、下刈りを行う上では良い天気でした。

 

最初に下刈りの意義についてや造林鎌の使い方の説明を受けて、下刈り開始です。

しかし、説明を受けたものの、学生さん達は初めて扱う造林鎌をうまく扱えなかったり、雑草木の生えた斜面という足場の悪い環境でなかなか前にすすめません。

また、カラズザンショウやナガバモミジイチゴなどの棘をもつ雑草木に苦しめられていました。

造林鎌の細かい扱い方を個別に作業職員さんが指導してまわりながら下刈り作業がすすみ、実習が終わるころにはさくさく作業をすすめていました。

本日の実習もなんとか終了です。

皆さん、お疲れ様でした。

教育一覧へ戻る