教育・イベント

造林学実験実習(下刈り)

2017年07月07日

73日に宮崎大学森林緑地環境科学科の造林学実験実習が行われました。

まだ梅雨していないにもかかわらず、非常に良い天気でした。

まず始めに担当教員の伊藤先生から造林鎌の使い方の説明がありました。また、この日は特別暑く熱中症への注意喚起を行い、水分補給を行うことや気分が悪くなったら無理せず休むように促しました。

その後、ひたすら下刈りを行います。

田野の気象観測データではこの日の平均気温29.1℃、最大気温35度もあり、10分も鎌を振っていると汗がとめどなく流れ、息切れするほどで、非常にきつい実習となりました。

 

学生さんの頑張りのおかげで、植栽木のまわりの雑草木が刈り取られすっきりしました。

みなさん暑いなかお疲れ様でした。

教育一覧へ戻る