教育・イベント

みやざき林業青年アカデミー研修

2017年10月17日

10月12日~14日に田野フィールドでみやざき林業青年アカデミー研修生の研修を行いました。

 

みやざき林業青年アカデミーは宮崎県により行われている研修事業で、林業就業志望者に対し、支援および必要な知識や技術を習得するための研修を行うものです。

研修は4月からはじまり、研修生はおよそ1年間の間に1200時間以上の学科・実技をこなします。その研修の一部を毎年、この田野フィールドで3日間行っています。

 

1日目,2日目の午前中は樹木の枝を採取しながら葉のつき方、葉の形や特徴を観察しました。

2日目の午後は検索図鑑を用いて、採取した枝を同定する作業です。

 

葉の形や色が図鑑の写真と多少違うと断定しにくく、皆さん、苦戦している様子でした。

 

3日目は演習林内に入り、広葉樹林の毎木調査を行いました。

 

1,2日目は枝葉をみながら同定していましたが、毎木調査では低木以上の木では葉を手にとって観察することが困難です。

そのため、昨日までとは違い視点、樹皮や下から見た葉を観察するといったことから同定する作業を体験してもらいました。

 

毎木調査後は、事務所の講義室で調査の結果をまとめ、どのような樹種がどのくらいいたのかを集計しました。

 

これにて終了です。

最終日は天気が心配されましたが、何とかもってくれ、最終日まで、雨が降ることなく無事に田野フィールドでの研修を終えることができました。

研修生のみなさんはまだまだ研修がつづきますが、がんばってください。

イベント一覧へ戻る