教育・イベント

宮崎大学の下刈り実習

2018年07月10日

今年も下刈りの時期がやってまいりました。

72日に宮崎大学の森林緑地環境科学科の下刈り実習が行われました。

この日は天気があまり良くなく、小雨がぱらつくような天気でしたが、気温があまり高くなく、例年の暑さを考えると作業しやすい日となりました。

この日の実習は21林班のは小班で行いました。下刈り前の現場は上記の写真のような様子でした。

 

 

担当教員から下刈り鎌の扱い方について指導を受けた後

下刈り開始です。

学生によっては、最初、うまく雑草木を刈れない様子も見受けられましたが、田野フィールドの技術職員さんや教員の指導を受けながら、作業をこなしていくうちになんなく刈り払っていくようになっていました。

作業途中にムモンホソアシナガバチの巣が三箇所ほど見つかりましたが、誰かが指される前にみつけ、駆除できたので、負傷者がでずにすみました。

下刈り終了後は上記写真のようにきれいに造林木がみえるようになりました。

皆さん、お疲れ様でした。

教育・イベント一覧へ戻る